風見鶏

すぐに直したいもの

長い間同じ家に住んでいると、家というのは老朽化してきてしまいます。そうなってくると、家は悲鳴をあげてしまい色々な症状を起こしてしまいます。その中でもすぐになおしたいものが雨漏りです。雨漏りが起こる事によって、家の中に色々な症状を起こしてしまいます。

悪徳にかからない為に

赤い瓦

家に色々な被害をもたらしてしまう雨漏りですが、このようなトラブルというのは意外と多いです。
その為、屋根修理を行う人が多いのですが、その屋根修理を頼む人をターゲットとした悪徳な業者が悲しい事に実はいます。
ですが、そのような悪徳な業者というのは特徴があるので、それをピックアップして説明します。

■家に突然やってくる
屋根修理を行ってくれる業者というのは、実は家に急には来ません。なので、何の前触れもなく屋根修理を行うといった業者は悪徳業者の可能性があります。
また、来た際に屋根がこのように壊れている。と写真を見せてきた場合もその可能性があります。ですが、優良な業者の可能性もあります。
なので、この写真の現場を自分にも見せて欲しいと問いかけてみてください。その時、見せてくれればいいのですが、色んな理由を見つけて屋根を見せないようであれば、悪徳業者だと思った方がいいです。
何故なら、屋根が壊れているというのが嘘という事がバレてしまうからです。

■屋根修理をすぐにしようとする
屋根修理を依頼した際に色々な説明を受けると思うのですが、それらを聞いたうえで契約をするはずです。
その契約が終わった際に、すぐにでも修理を行おうとする業者は悪徳業者の可能性があります。
何故かというと、悪徳業者というのはお金を貰う事が目的です。なので、修理を始めてしまえば依頼した人は後には退けないのですぐにでもやろうとします。
もしこのような業者にあったら、すぐに行うのではなく何とか日にちを伸ばしてもらえるようにする事が大事です。

■見積もりの仕方
屋根修理というのは意外にもお金が高くついてしまうので、どのような事にお金を使用するのかというのを知っておきたいはずです。
ですが、中にはその見積もりをあまり細かく行わない業者もいます。そのような業者というのは、知らない所でお金を高く貰おうとしている可能性があります。
そのような業者というのは悪徳業者の可能性があるので、出来るだけ避けた方がいいです。

なってしまう原因

瓦の屋根

雨漏りを起こしてしまう原因の一つとして一番多いのが、家が老朽化してきた事で屋根から雨水が侵入してしまう事です。
その為屋根修理を行うと思うのですが、実は、それ意外にもいくつかなってしまう原因があります。

■防水シート
家によって、雨漏りをしないように天井の上の方に防水シートを置いてある所もあるはずです。
防水してくれるという事もあり期限等関係なくずっと使用する事が出来そうですが、実は防水シートにも期限があります。
大体の期限は約18年ほどといわれているのですが、それぐらい経ってしまうと防水シートが破れてしまい、その部分から雨水が侵入してしまいます。

■ベランダ
一戸建てを建てている人は大体は二階建ての人が多いです。
その二階建てなのですが、一階だけではなくニ階の方にもベランダを設置する人もいるはずです。
二階のベランダでガーデニングとして草花を育てている人もいると思うのですが、実はその二階のベランダからも水が侵入してしまう事があります。
というのも、草花に水をあげるという事で鉢植えの下の方から漏れてしまう水が天井の方に水がいってしまう事があるのです。
なので、ベランダだから関係ないだろう。と思わずに、ベランダの方にも防水効果のある塗装等をしておいた方がいいです。

対処しない場合

風見鶏

雨漏りというのは雨が降った時に起こるものです。なので、毎日起こるというわけでもないので屋根修理を行わない人も中にはいるはずです。
ですが、屋根修理を行わずにそのままにしていると色々な所で被害が起きてしまいます。

■傷みやすくなる
家というのは元は木で出来ています。その木というのは、水にずっとつかっていると腐ってしまいしまいには脆くなってしまいます。
脆くなってしまった木というのは、普通の木に比べるととても折れやすく、ちょっとした衝撃でも折れてしまいます。
なので、地震等が起きてしまった場合に倒壊しやすくなってしまいます。

■リフォームする時に出費が出る
長く住む家という事もあり、家の雰囲気を変えようとリフォームをする人もいるはずです。
しかし、雨漏りが起きている時にリフォームをしてしまうと、腐ってしまっている部分があるという事で、まずはその腐った部分からどうにかしなくてはなりません。
なので、その腐った部分をなおす費用とリフォームの費用で二重にお金がかかってしまいます。